13 2月

お掃除機能付きエアコンがとんでもないことに!

今日は札幌某テナントさまの入居前 エアコン清掃のお話です。

お掃除機能付きエアコン・・・確かに便利ですが

使い方を間違えると大変なことに!

 

私たちこの業界ではルームエアコンなら大歓迎!

でもお掃除機能付きは勘弁して下さーい!

清掃の依頼をしても断られる業者も多いです。

 

この手の機種はどこのメーカーも複雑な作りで

業務用よりも知識が必要とされます。

それくらい分解と組み立てに時間が掛かるのです。

 

 

さっそくバラしてみましょう!

これはフィルター部でホコリ汚れを付着させるもの。

 

 

何やら危険な予感が・・

 

完全にお掃除機能が果たされていなかったようです。

逆に細部に渡りホコリ汚れが付着して硬化しています。

 

 

電動アーム部を外すと・・毛皮をまとっているようです!

しかも硬化しているほどです。

 

 

分解作業はここまでです。

この機種はドレンパン下にお掃除機能用の駆動モーターがついています。

水が付かないように完全養生をします。

 

養生風景は企業秘密ですので省略します。

洗浄のポイントは先にホコリをできるだけ除去してから

洗浄に入らないとドレン管内が詰まることもあります。

また時間も余分にかかってしまうのです。

 

これが真の姿でした!

もう完璧です。正直・・ブラシをかけながらの洗浄でした。

 

 

 

 

完璧です。作業前と作業後では10倍くらいの風量差です。

 

【原因】

この機種はメンテナンスフリーではありません。

①網状のフィルター部を取り外し洗浄が必要です。

水洗い後、乾燥です。

頻度にもよりますが年1回は最低したいですね。

 

 

 

②問題はコレです。

お掃除機能の取り集めたホコリ汚れはどうなるのでしょう?

A, パイプを通じて小型ファンで外に放出ブローするタイプ。

特に使用者様には手入れの必要はありません。

 

B, 上記画像のように回転する毛ブラシでホコリを取り、

格納BOX内に貯めていくタイプ。

ここに貯まるホコリ量は無限大ではありません。

   今回の原因はこの手入れをせず、

   使い続けた為でしょう。

 

お掃除機能付きエアコンのオーナー様へ

今一度、マニュアルをご確認ください。

 

エアコン洗浄のことなら

日美装建 株式会社

にお任せ下さい!

TEL 011-700-0132