16 1月

札幌 某医療施設のエアコンの巻!

ここ北海道では今、インフルエンザが流行しています。

うちの会社内でも2名が侵され

業務に影響が出だしています。頑張れ! 自宅待機だ!

 

 

以前から北海道では

だいたい雪まつりシーズンになると

必ずインフルエンザの話題で持ちきりです。

たぶん札幌は観光客の人が増え、

更には外国人客も年々増えていますからいろいろな菌が

蔓延して、さらに強力な菌に変貌するとか・・・

根拠のない噂も、なぜか蔓延してしまいます!

 

うがいや手洗い、そしてマスクの着用は

子供だけでなく、私たちも

自分を守るためにしないと駄目ですね!

 

 

そんなかんだで・・・

今日は医療現場のエアコン洗浄のお話です。

こちらの施設様も年1~2回は全館の

エアコンフィルター清掃を実施されていて、

約5年ぶりの分解洗浄との事です。

 

 

医療施設内は温度や湿度管理が重要で

施設内の監視センターで集中コントロール

されているところも増えてきています。

 

また人が多く利用する場所などには

加湿装置が付いたエアコンが設置されるなど

ニーズに合わせた機器の開発が

どんどん進んできています。

 

なぜこんな話をするかと申しますと

「ゴホン10万 ハクション100万」

つまり風邪ウイルスです。

 

ウイルスにも水分があり

通常の湿度ですと地表に落下するのですが

乾燥が進み湿度が40%以下になると

ウイルスも軽くなり空中を浮遊するそうです。

 

なぜかそのウイルスは

生きた細胞の中でしか増殖できないようで

空気中で免疫の下がった私たちを狙って

きっとすり寄ってくるのでしょう!

マスクしなきゃ!

 

 

 

 

さっそく分解してみましょう。

馬力の小さい天カセ2タイプ。

約10分で分解完了です。

キャビネットは比較的きれいですが

フィルターはイイ感じで汚れが進んでいるようです。

 

 

 

 

ファンとドレンパン部です。

固着が進んでいます。洗浄のタイミングとしては

5年が限界でしょう!

 

 

拡大です!

 

 

白っぽく粉を吹いているようです。

コレを洗浄すると

黒い汚水となって出てくるのです。

 

 

ケーシング内部側面はカビ・カビ・カビ。

 

 

彼はもう本気モード全開です。

カビ退治しか頭にありません。

 

・・・・・・

 

 

・・・・・

 

 

・・・・・

 

 

・・・・・

 

どうでしょうか?

うちのスタッフは汚れを見ると

血が騒ぐようです!

徹底的に戦いますから・・・・

 

 

エアコン洗浄の事なら

日美装建 株式会社にご用命下さい。

TEL  011-700-0132