27 11月

札幌 某施設内 ロスナイ清掃の巻

皆さん ロスナイって聞いたことありませんか?

 

このタイプは大好きな天井裏に潜んでいます。

一般家庭用と違い処理能力の高い業務用隠ぺいタイプです。

このような開閉できるメンテナンス蓋があり、

中にエレメントとエアーフィルターが入っているのです。

 

 

 

2つのエレメントです。

かなりの埃や粉塵を吸い込んでいたようです。

 

 

 

エアーフィルター(洗浄前/洗浄後)もこんなに汚れていました。

 

 

 

ケーシング内はレール状の格納部材で構成され、

このタイプは2基の強制ファンがついています。

注目すべきは内部の汚れです。

外の粉塵や害虫の死骸などフィルターの役割はとても重要で、

室内環境をしっかりと守ってくれていた証なのです。

 

昔からお部屋の中が暑ければ窓を開けて空気の入替をします。

でも虫が入ってきたり、外の騒音まで招き入れていました。

このストレスを解消してくれるのがロスナイです。

 

ロスナイは換気装置で外からの空気を取り入れ、

室内の空気を排出する事で

空気をロス無く循環させる仕組みの機器なのです。

 

でもメンテナンスフリーではありません!

エアコンのフィルターと一緒で汚れたまま

使い続けると定格能力を下げてしまうだけでなく

故障の原因にもなります。

 

これは天井カセット型で2方向から空気の吸排気が行われます。

 

ケーシング内部です。

 

 

内部の部材、エレメント、フィルター、ファン。

よく頑張りました! 汚れているのは正常な証拠です。

 

 

キレイになりました! 素晴らしい!

 

 

方向や組み込み方を間違えないように注意します。

白いのは発泡スチロール製で非常に壊れやすいです。

 

以上今日は2タイプの業務用ロスナイをご紹介させて頂きました。

一般的なタイプでメンテナンスも比較的しやすいのが特徴でしょう。

先日某コンビニエンスストアーの天井裏を見る機会があり、

そこにも1基デカいのが潜んでいました!

ちゃんとメンテナンスがなされていれば良いのですが・・・

 

ロスナイ清掃のことなら

日美装建 株式会社に

お任せ下さい!

TEL 011-700-0132