15 12月

札幌近郊 某おしゃれなパン屋さんのクリーニングの巻。

個人で経営されているパン屋さんの形態は、

自宅兼、工房兼、ショップ兼というお店が多いようです。

中々限られたスペースの中で大型のオーブンや冷蔵庫、

そしてこねたり創作したりする作業台。通路もままならない・・・

 

エアコン設備についても何度かお話させて頂きましたが、

粉モノを扱う場所(パン屋さん、お蕎麦屋さん、その他…)での

設置は、メンテナンス次第ではすぐに壊れてしまうこともあるくらい

エアコンにとって過酷な環境となるのです。

 

 

機種によっては(粉モノを扱う施設内ではご利用できません)

注意書きされているモデルもあるくらいです。

 

 

でも無くてはならない空調設備なのです。

故障すると困りますから、しっかりやらせて頂きます<m(__)m>

オーナーさまより、風量が最近弱くなってきたとのことでした。

外観は特に問題なさそうです。

内部の熱交換器はかなり重症のようです。

ホコリ汚れではなく、吸い込んだ粉が湿気で付着して

何層にも固まったもののようです。

 

ファン部もかなりのモノです。モーターもよく頑張りました!

ここから洗浄開始です!

今回は洗剤希釈を少々上げて短時間勝負。

リンス洗浄をしっかりおこないます。

写真ではわかりずらいですが完璧です。

汚水も真っ黒なもので、

ファンの汚れって相当ガッチリです。

高回転で回っているのにくっついているぐらいですから

最高にサンマのようにキレイです。

これで完了です。と言いたいですが・・・

まだでした!

 

熱交換器を洗浄してた際、汚水の流れの異変を感じました!

このタイプは汚水を自然勾配で外に放出するタイプで、

通常  洗浄中は常時  外へ流れ出すのですが、

今回は少々流れが緩い感じでした。

 

すみません。今回の写真はありませんが、

以前同じ様な  ドレン管が完全に閉塞したときの処置を

ご参照下さい。

  

先ず室内機ドレンパン部より洗剤を流し込み時間を置きます。

そこから水圧をかけて水を流し込みます。

同時に外ドレン出口にバキュームホースをつなぎ、

10分間くらいひたすら吸いまくります。

最後は大量の水を流し終了です。

 

一般住宅ではあまり起きませんが、

今回のようなパン屋さんやお蕎麦屋さん、

動物病院さんなどでよく起きるドレン詰まりです。

 

オーナー様で適度に確認は難しいですが

今回のような分解クリーニングをお願いする際は

業者さんに見てもらった方がいいです!

 

業務用エアコン・ルームエアコン

エアコンクリーニングのご用命は

日美装建 株式会社

TEL 011-700-0132