22 2月

設置後20年を経過しているエアコンのお話し。

エアコンが普及し始めたのは1960年代からで、もう60年近く

進化し続け現在に至っているのです。

 

その恩恵を受けて私たちの暮らしも豊かになりましたが、

それに伴う副産物として自然環境問題も常にクローズアップされています。

特にエアコンで使われる冷媒フロンガスは

オゾン層破壊問題から次なる試練として地球温暖化にまで、

影響を与えないモノへと常に変化し続けているのです。

 

 

設置後20年を経過しているエアコンは

それに使われている冷媒ガスは恐らくR22です。

 

冷媒フロンガスR22 2020年で製造が終了となります。

何度かブログでも取り上げていますが

私たちにどう関係しているのでしょうか?

 

 

 

解りやすく解説します!

冷媒ガスは人間に置き換えると「血液」と同じ役割をします。

その血液型が「R22」という型なのです。

 

 

この血液が漏れた時、自然環境に悪さをもたらすので

血液センターでは2020年で製造を止めることのしたのです。

 

 

このR22の人は だいたい2000年生まれ以前の方です。

全国民の2割以上を占める高齢の方のようです。

   

このことはすでに公表されていることで

今もこの血液は少しづつ高騰していて定価の30%UPだそうです。

 

 

 

今後の話をしますね!

健康でピンピンしていたら何も問題なく過ごせます。

転んですり傷程度のケガでも大丈夫です!

 

 

でも手術で輸血を要する病を患った場合は・・・

本当に申し訳ございません・・・

自然治癒も起こりません・・・

本当によく頑張りました!

 

 

 

ここからエアコンの話に戻します!

該当するエアコンを使われている皆様方へ

では2020年を前に今出来ることは何でしょう?

 

①利用頻度を考えてみてください。

夏場の冷房対策だけでお使いですか?

冷房・暖房 オールシーズンでお使いですか?

1日 何時間ぐらいお使いですか?

 

上記の事をふまえて、

故障の原因は室内機の内部の汚れによる負荷が一番ですから

フィルタ―清掃を適時おこないましょう!

もしも内部が見れたら、汚れ具合を点検してみてください。

汚かったら出来るだけ早い時期に内部洗浄を業者に依頼してください。

    

 

 

 

②現在の状況はどうでしょうか?

正常に運転(冷暖房)しますか?

エラー表示は出ていませんか?

修理の内容にもよりますが大掛かりな修理になるようでしたら・・・

 

 

これらの状況から検討するしかありません。

簡単に入れ替えをと言いますがすべてお金がかかることです。

天カセ4方向タイプであれば、3馬力程度で1基あたり

40万円~が普通です。

設備環境や既設モノがどこまで使えるかがカギとなるでしょう!

 

その際は、リース契約も選択肢の1つだと思います。

今では様々なメニューがありますので調べた方が得策です。

 

 

話は戻りますが、私たちの立場で言えることは

お客様のご利用状況で判断すべきだと思います。

 

冷房専用で夏場しか使わない程度で、現在も良好であれば

大切に手入れをしながらそのままご利用頂くべきでしょう!

 

 

 

逆にすでに動かない状態であるとか・・・

これからも冷暖フルに使い、既に調子が悪い状態であれば

間違いなく入れ替えを検討すべきです。

 

 

日美装建では 何でもご相談に乗らせて頂きます!

いちばん無理のない方法を一緒に考えましょう。

日美装建 株式会社

TEL 011-700-0132まで