27 12月

某工場内 換気ファンの分解清掃の巻。

換気ファンは一般のおうちや商業施設、そして工場など

無くてはならない設備なのです。

 

お部屋の温湿度の調節のために・・・

お部屋の中を外気から守るために・・・

お部屋で暮らす皆さんの健康のために・・・

お部屋の空気環境を循環させ整えるために・・・

お部屋の中の空気(臭い・油煙など)を出すために・・・

 

この様に様々な目的のためにある設備なのです。

 

 

今日お話しするのは工場内のファン清掃です。

200V仕様のかなり大型のファンです。

これは排気用のファンで室内の汚れた空気や

温湿度を放出し調整するためのものです。

同時に別の給気ファンで新鮮な空気を取り込みます。

全体的に汚れが進んでいるようです。

 

フランジ部とファンは長い年月で汚れが蓄積されやすい場所。

特に羽の部分の汚れは高速回転する部分にもかかわらず、

相当なものでガッチリ付着してます。

ダンパー部はシャッター構造で、

汚れの蓄積により動作不良を起こしやす部分です。

これはフード内部でかなりのモノです。

それほど工場内は過酷なものなのです。

本当に本当にご苦労様です。

従業員様のためにもしっかりやらせて頂きます!

フード内は異物を粗取りし、ジェットノズルで洗浄します。

素晴らしい出来栄えです。

ダンパー部もキレイになりました。特に可変ステー周りは凄かったです。

モーターとファンはバラシて洗浄します。

つるっつるのピカピカです。

多少・・ファンの先端部に腐食が見受けられましたが

それ以外は全く問題なくキレイに復活しました!

試運転も問題なく完了です。

 

工場内の場合、やはり設置環境によりますが

突然の故障に遭遇しないためにも適度な点検が必要だと思います。

このタイプは特に、ダンパー部(可変ステー部まわり)の

汚れ度がキモだと思います。

また高所で大型の場合は、ローリングタワーが必要になります。

点検も含めお任せ下さい。

 

大型ファンなどの特殊清掃のご用命は

日美装建 株式会社

TEL 011-700-0132