30 12月

年末大掃除 我が家のお風呂そうじの巻! 上

大変恐縮ですが我が家のお風呂そうじの話です。

けっこう地味なのでお忙しい方はスルーで構いません<m(__)m>

 

 

 

ハウスクリーニングの中で最も時間と技術を要するのは

やはりキッチン周りです。次に来るのがお風呂でしょう!

 

【お掃除の方法】

①ホコリを払って拭き上げる技法。

②洗剤の力で溶かして落とす技法

③タオルの表面摩擦、研磨剤の摩擦、パットの摩擦、シャワー等の水圧、

 ブラッシングによる摩擦など・・摩擦や圧力で落とす技法。

④スチームを使って落とす技法。

⑤削ってそぎ落とす技法。

 

など様々な方法があります。今日のお風呂の場合は②と③が殆どです。

 

【①洗える具材を外して浸け置き処理】

換気扇ファン、スカート蓋、排水口まわりなどの浸け置きします。

お湯+洗剤=30分程度

その待ち時間で腰の高さから上を先に仕上げます。

 

 

【②腰から上の高さを先に仕上げます】

天井と壁3方向にスプレイで洗剤をまんべんなく散布。

カビっぽいところはカビキラーですね。

カビが凄い場合はカビキラーをスプレイしてその上から

ティッシュを掛けてパック状態にしますね!

 

少し時間を置きたいのでその間換気扇をキレイにします。

洗剤を吹きかけ、ブラシを使って擦り出す感じです。

拭いて取れそうなところはブラシはかけません。

次に濡れタオルで粗拭きし、

角や凹凸の部分は水スプレイで流し出す感じです。

これでもう一度キレイな濡れタオルで仕上げ拭きすればOKです。

 

次に先ほどの壁や天井を見ると、汚れが分解され浮き上がっています。

壁面は意外と洗剤の力だけでは落ちない場合があります。

軽~く柔らかいパットで擦ります。

 

カビキラーしたところはブラシを掛け、シャワーで流します。

あとは腰から上のスプレイした天井と壁3面のところを、

キレイな濡れタオルで拭き上げて完了です。

ちなみに目地や継ぎ目のコーキングのカビは厄介です。

浅い場合は洗剤で取れますが、深い場合は上辺だけしか取れません。

美観的に余りにもすごい場合は、コーキングを打ちかえるしかないでしょう!

 

本日はここまでです!

明日は外した具材、カラン、カガミ、床面の清掃のお話です。

 

ハウスクリーニングのご用命は

日美装建 株式会社

TEL 011-700-0132

 

おそうじ忍者サットリ君

http://www.sattorikun.jp/