日美装建|札幌の美装会社

お問合せ

エアコンの仕組みと汚れ

エアコンの仕組み

エアコンの基本構造は左図のように室内機と室外機に分れ、この2つを冷媒配管を通じてフロンガスが流れます。

汚れは主に室内機側でファンや熱交換器(フィン)に集中します。

特に冷房使用時は冷たい空気を作る際に水が発生します。これはドレンパン部に溜まり、ある上限を超えると自然勾配またはポンプにより外部へ放出されます。
その溜り水に粉塵やカビ菌が付着し、汚れが加速するのです。

また室内機により室内の空気を循環させて運転します。設置場所にもよりますが、ホコリや油煙やカビ菌に至るまで、フィルターを通りそして熱交換器(フィン)を通って循環するのです。

長期間使用すると汚れは蓄積され、定格性能が発揮されなくなります。
それがストレス(負荷)となり故障の原因へと発展するのです。

airconyogore_2-min

フィルタ―清掃は維持管理の第一歩です。 故障を防ぎ、電気代の節約に大きく関わってきます。

業務用エアコン清掃

熱交換器(フィン)の汚れは機能低下だけでなく、他の故障を引き起こす原因となるのです。

業務用エアコン清掃

冷房運転時に発生する水を受け止めるのがドレンパンの役割です。菌や害虫が繁殖し易く悪臭の原因になります。

フィルターの清掃はエアコン内部へのホコリ汚れの侵入を防ぐ第一歩となります。

汚れているまま使い続けると内部への汚れの侵入が始まり、故障の原因を引き起こします。
また吸込効率の低下や熱交換器フィンの汚れにより無駄な電力消費となるのです。

汚れに合わせたフィルターの清掃

通常のホコリ汚れの場合は掃除機で吸いあげますが、油煙等の油汚れの場合は中性洗剤等で洗浄すると効果的です。

エアコン内部 熱交換器フィン洗浄はとても重要となります。
汚れているまま使い続けると無駄な電力消費はもちろんのこと、主要関連部品であるファンモーターやドレンポンプ、そして心臓部でもあるコンプレッサーに多大な負荷がかかり故障の原因につながるのです。

ドレンパン内は水が溜まる場所でイヤな臭いの原因でもあるカビ汚れの温床となります。

定期的な内部洗浄で臭いや故障から守る

外の室外機も同じです。砂埃が巻き込みやすい場所であったり、海辺や森林の近くに設置している場合は定期的な洗浄をお勧めします

外の室外機も同じです。砂埃が巻き込みやすい場所であったり、海辺や森林の近くに設置している場合は定期的な洗浄をお勧めします

フィルターの清掃はエアコン内部へのホコリ汚れの侵入を防ぐ第一歩となります。

汚れているまま使い続けると内部への汚れの侵入が始まり、故障の原因を引き起こします。
また吸込効率の低下や熱交換器フィンの汚れにより無駄な電力消費となるのです。

汚れに合わせたフィルターの清掃

通常のホコリ汚れの場合は掃除機で吸いあげますが、油煙等の油汚れの場合は中性洗剤等で洗浄すると効果的です。

エアコン内部 熱交換器フィン洗浄はとても重要となります。
汚れているまま使い続けると無駄な電力消費はもちろんのこと、主要関連部品であるファンモーターやドレンポンプ、そして心臓部でもあるコンプレッサーに多大な負荷がかかり故障の原因につながるのです。

ドレンパン内は水が溜まる場所でイヤな臭いの原因でもあるカビ汚れの温床となります。

定期的な内部洗浄で臭いや故障から守る