08 11月

札幌某工場のエアコン洗浄 よく頑張った!

今日は札幌 某製品工場のエアコン洗浄のお話です。

 

以前…弊社のパンフレットを送付させて頂き、

エアコン修理がきっかけでお付き合いさせて頂いております。

いつも大変お世話になっております!

 

工場内は普通に広く、各セクション毎にわかれいて

それぞれにエアコンが設置されています。

当然 その場所によって汚れ具合はマチマチです。

 

今回の施設様は設置後10年以上経過していて

今まで定期的な洗浄はおこなっていなかったようです。

その中で風の出が弱くなってきた場所があり見てほしいとの事でした。

見させて頂くと…なかなかの汚れ具合!

特に熱交換器フィンの隙間にホコリ汚れがびっしりです。

デモとして1基を洗浄させてもらい、納得の結果でした。

 

 

それから打ち合せを進めさせて頂き、

優先順位を決めて全機洗浄することになりました。

今日はその作業の一部をご紹介いたします。

天カセ4方向タイプ

バラしてみますと断熱材がびっしり!

これが大変なのです。かゆくて!

 

 

 

キャビネットは特に4ヶ所の吹出口で

汚れが目立ちます! あとフィルターですね。

 

 

 

 

ドレンパンの内部とファンですが

たぶん…このままご使用頂くと

いつ故障が起きてもおかしくない状態でした。

 

 

 

 

写真では分りずらいですがかなり隙間に汚れが

埋まっているようです。

 

 

 

バラしと同時に洗い場を作ります。

水対策とホコリが舞い上がらないように要注意。

あと一番大切なのが陳列する場所です。

 

ゴチャゴチャの中でいい仕事は出来ません! なんて!

 

 

 

 

 

 

 

そんなかんだで洗浄も終わりこんな出来栄えに変身!

どうですか?

素晴しい洗浄結果! 大きな腐食もなくまだまだ現役!

 

 

 

まだまだ現役! しつこいぐらいのキレイさ(^^♪

 

 

 

これが一次汚水です。

これから洗浄水の色が透明になるまで洗浄を繰り返すのです!

 

 

 

 

モーターやポンプもこの通りです。

もちろん電子部品なので拭き上げです。

 

 

ドレンパンとファンです。

しっかりキレイになりました。

吹出口部分のカビ汚れも完全除去です。

 

ドレンパンを取り付ける際に、

断熱材の混入だけは注意が必要です。

ドレン系の故障原因となりますぞ!

 

 

 

 

 

キャビネットとフィルターです。

徹底的に汚れを拭き取ります。 素晴らしい!

 

 

 

組み上げ段階で忘れてはいけないのが

ドレンホースの接続です。

 

 

 

すべて完了です!

約30分程度試運転で経過をみて問題無し。

 

 

今回のような大型の工場内はとても広く複数台設置されています。

当然 汚れの進み具合も場所により差が出ます。

この様な場合、私達はすべての機械を見せて頂き

洗浄の優先順位を決めさせて頂きます。

 

施設内で働く従業員様の環境を一番に考え手助け致します。

工場の稼働時間帯や機器への配慮、そして衛生管理など

できるだけその現場に合わせて対応致します。

 

大型施設のエアコン洗浄の事なら

日美装建株式会社にお任せ下さい。

TEL 011-700-0132

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA