16 6月

某事務所 天吊りタイプエアコン洗浄の巻

いよいよ夏本番の季節ですね!

このご時世…空気のキレイ化は重要課題!

故障が起きる前に分解洗浄をお勧めします。

業務用エアコンでオフィス系の環境ですと

だいたい2~3年に1回はおこないたいものです。

昨今、分煙化も進み昔よりは汚れ度合いは

ゆる~いペースかも知れません。

でもカビ菌や得体のしれないウイルス・・・

予防も含めて是非ご検討頂きたいと思います。

こちらの事務所は2年に1回の定期分解清掃を頂いております。

製造年は1996年製ですが現役バリバリですぞ!

 

 

 

先ず手始めにフィルターとサイドカバーを

外します。

フィルターは従業員様で清掃されているようで

キレイでしたm(__)m 感謝です!

 

 

次にファンを外しますね!

この瞬間がたまらなく大好き!変態か

イモネジは紛失しないように緩めたら

締め直すか、取って保管しましょう。

 

 

次にドレンパンを外します。

ポイントはドレン管の接続部を先に外すこと。

順番を間違えると腕がプルプルしますよ!

 

 

こんな感じで分解は終了です。

このタイプはドレンも自然勾配排出でポンプは

付いていません。

1996年製ですが熱交換器も健康そのもので

スチールステー部の錆腐食ぐらいです。

 

 

熱交換器の洗浄前です。

多少白っちゃけているのはホコリ汚れ。

古いタイプはフィン幅も厚いので

洗浄圧を高めにします。

 

 

洗浄開始です!

角度があるのでやりずらいですが

正面から・・・背面から・・・

念入りに洗浄しますね!

 

 

するとこうなりました⇩

素晴らしい! 完璧です!

 

 

 

全体はこんな感じです。

基板BOX内外と周辺部をハゲで除塵し

拭き上げます。

ルーバー部は通常ですと取り外して洗浄しますが

劣化で割れる恐れがあるので付けたまま

洗剤で拭き上げます。

このタイプはベロア布が使われていて

あまり力を入れ過ぎるとボロボロになるので

注意が必要です。

 

 

 

はい! ドレンパンもキレイになりました!

 

 

 

はい!ファンユニットもキレイになりました。

今回はすべてバラバラにはしてませんので

ファンの方向はあまり気にしなくても大丈夫ですね!

 

 

フィルターもサイドカバーもご覧の通りです!

 

 

 

汚水もこんな感じです!意外と汚れてました。

 

 

すべて組み上げ、冷媒配管のホコリも拭いて・・・

試運転です!

約30分経過をみて問題無し!

お疲れさまでした。

 

 

エアコン洗浄の事なら

日美装建株式会社にお任せ下さい!

TEL 011-700-0132

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)